コンテントヘッダー

グアァーン!②

グアァァァァーーーーーーン!!!!

私の頭の中で、大きな鐘が一個鳴り響きました。

そんな予感は、少しだけしていたけれど・・・

そんなまさか!!!

先生の何の躊躇もなくサラッと、むしろ清々しいくらいの軽い返答で、

ショックはかなり大きかったですが、

すぐに受け入れられて、

あ!そっか!!

私、水虫なんだ~!!水虫くん♪水虫くん♪

と、開き直ることができました(^^)

細長いパンフレットを渡されて、

「水虫の事が書いてあるから、これを読んでおいてね。

 塗り薬を出します。よく効きます。一日一回塗って下さいねー。」

診察は、あっという間に終了。

「はい!お世話になりました!」

足は痛かったけど・・・清々しい気持ちで帰り。

「どうじゃった~?」

と、母に心配そうに聞かれた私は、

先ほどの先生のマネっこをしてサラッと軽快に返答。

「うん!水虫じゃね!」

「ぎゃっはっはっはっはっはっはっ!!」

大笑いの母。

いや、まぁ笑うよね、ソコは(^^)

「いや、でも、コレ本当に痛いんよ~。ホントに!」

それから、しばらくは靴が履けず、スリッパ生活が続きました。

水虫 = 中年のおじさま

のイメージがあっただけに、始めは、

えぇ~?!私が水虫になるの~?!移るの~?!

と、信じられない思いでした。

私の勝手なイメージがいけませんでした。

全国の水虫をお持ちの中年のおじさま、

大変申し訳ありませんでした!

そして、女性でも年齢も関係なく、誰でもなる!

ということを、身をもって実感し、声を大にして注意を呼びかけたい!

油断禁物!!水虫は誰にでも移る可能性大!!気を付けるべし☆

特にお風呂マットです。

私が貰ってしまったのは、多分・・・

ある温泉に行ったとき、その足ふきマットであろうと思います。

えっ?

じゃあ、水虫菌を持った女性誰かが、温泉に入ったということ?

病院で貰ったパンフレットを熟読し、

いろいろ気になったので、ネットで“水虫”を検索。

水虫には4種類があり、私は水ぶくれができるタイプでした。

なんと!日本人の5人に1人は水虫持ち。

かなりの高確率です。

一緒のお風呂に入っても水虫菌は移らない。

一緒に洗濯を回しても移らない。

一番危険なのは、湿度70%以上の状態であるマットやスリッパも。

治った!と思いきや、再発してしまうこともシバシバ。

なので、

きちんと皮膚科へ行って診て貰い、

適した薬を処方して貰うのが、健康な足へ戻るための一番近道(^^)

つづく。



今日のブログがよかったらクリックしてね
               ↓ ↓ ↓ ↓
H29年モール前不動産 http://www.geocities.jp/sennenhome/
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード