コンテントヘッダー

過保護とやる気①

今日は、

学校に通っていた時のことを少し書いてみようと思います。

試験勉強の為に、ある学校に通っていました。

その学校は、強制的な教えはなく、

“できれば来て下さい(来て勉強して下さい)”のような空気でした。

ザックリと、昼の部と夜の部に分かれており、

私は仕事をしながらだったので、仕事終わりに学校へ行く、

それが日課のようになっていました。

仕事は休む訳にはいかないし・・・私としては、ありがたかったです(^^)

開始の時間も特に決まっている訳ではなく、

各々が好きな時間にスタートできる仕組みになっています。

というのも、

パソコンの中で、動画をクリックすると先生が喋ってくれて、

一定の時間ごとに区切られているので、好きな時間にスタートできて、

好きな時間に休憩ができて、好きな時間に帰れるという、

過保護?な学校。

“学校”と言っても、小中学校のような義務教育ではないので、

一時間目から昼の五時間目まで、時間を守ってキッカリ!

黒板を使って、それぞれ担当の先生が責任を持って教える。

それに比べると・・・

私としては、やはり同じ“学校”と言われても、過保護に思えます(^^;)

お金を出して学校に通っているのですから、

私たち生徒は、言わば“お客さん”。

そう思うと不思議ではありません。



しかし、かつて同じ学校に通って資格を取得した両親に聞くと。

「私たちの時は、そんなんじゃなかったけどねぇ~!」

「そうじゃのう。」

「前で先生が直接教えてくれて時間も厳守!

 遅れたり、来んかったから怒られたし。

 テストの成績も、その都度張り出されてたし。」

一緒の教室で、一緒の時間で、一緒の空間で、一緒の仲間で

共に頑張って勉強していた分、刺激が随分あったらしいです。

お互いの名前も顔も覚えて、仲間感とか、ライバル感とか。

ビックリするほど、私の時とは全然全く違う!!

パソコンで一人一人各々が好きな時間に勉強し、

しかも、そのパソコンはブースで区切られており、同じ教室ですが、

ヘッドホンをして、一人で黙々と勉強するという。

ブース

↑ こんな感じ。

つづく。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード