コンテントヘッダー

絵本の読み聞かせ

「ご飯作りたいから、R(子供)と遊びよってくれる?」

「ん。いいよ~。」

それは、お昼から買い物を終えた後のこと。

始めは、姉と3歳の甥っ子と私と三人で、スゴロクをして遊んでいました。

最近のハマっている遊びは、スゴロクらしい。

少し前は、お買い物ごっこでした。

新しいものを見つけては、そればかりにハマる傾向がるようです。

楽しそうでイイね(^^)♪

一通り、三人でスゴロクをして遊ぶと、姉がスッと立ち上がり、

「ちょっと二人で遊びよってね。お母さんご飯作るから。

 Nちゃんと遊んであげてよ。」

と、我が子に言いました。

「ウン!」

「・・・え?遊んであげてよって、私が遊んで貰うの?!

 ははは~♪どっちでもいいけどね♪」

それから、今度は私と二人だけでスゴロクをもう1回だけやって、

「今度は絵本読もっか!

 図書館で借りて来た本がたくさなるんでしょ?」

「ウン!コレ!!」

と、すぐ近くにあった山積みの絵本をズルズルとこちらへ持ってきました。

「おぉ!おぉ!ようけあるね!」

全部で10冊も借りたらしい。

「よ~し♪読むよ~!!どれがいい?」

1冊読んでは、こちらに置いて、1冊読んでは、こちらに置いて。。。

それを繰り返すと、読んでいない方の山積みの本がドンドン低くなり、

半分を超えたあたりから、だんだん記録に挑戦しているような気分に!

えーい!こうなったら全部読むぞ!

「よし!読み終わった次持っておいで。」

「ウン!」

「よし!次だ!」

「ウン!」

そんな調子で、楽しそうに私が読むのを聞いていました。

でも、10冊全部読むと、さすがに喉が枯れて少し疲れモード・・・(^^;)

「はぁ~。やっと全部読んだね!これでまた図書館に返して借りれるね。」

「ネ!」

すると、ご飯を作り終えて、

その後、私たちのすぐ隣で洗濯物をたたんでいた姉が言いました。

「よく全部読んだね!疲れたじゃろ~?」

「うん。さすがにちょっとね。」

「ふふ♪」

姉は含み笑いをし、私は苦笑いをし、

甥っ子は私の膝の上で少し眠そうにしていました。

絵本を読むのが、だんだん子守唄のように聞こえてきたのかもしれません。

「R~♪あんた眠たいんじゃない?」

またククク♪と笑いながら姉が、我が子に問いかけた。

「ウウン!」

すぐにムクリ!と起き上がって、またはしゃぎ出した甥っ子。

元気いっぱいだ☆

こんなに絵本を10冊もいっぺんに読んだのは私も初めて!!

学習しました。

絵本はちょっとずつ毎日読んであげるものなのかも・・・と。

たまにはいっか♪(^^)
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード