コンテントヘッダー

ツルン♪極める!

今日、おかずを姉が多めに作ったから・・・と、

私の分もお弁当に詰めて、差し入れをしてくれました(^^)

ありがたや♪♪

透明のフタのからは、美味しそうなお弁当がよく見える☆

「おぉ~!美味しそう!ありがとうね(^^)

 たまごも入っちょるね♪キレイだねぇ!!」

固すぎず柔すぎずの良い感じのゆで卵が、縦半割にして入っていました。

姉「ボクが卵むいたんよね♪」

私「えっ?!うそ!スゴイじゃん!」

隣にいた甥っ子が、ソワソワしながら私の周りをうろつく。

「たまごむいたの?」

甥っ子の目の高さまでしゃがんで聞くと、待ってました!とばかりに、

「ウン!」

と、嬉しそうに答えました。

「スゴイねぇ!ありがとね!」

若干2歳にして、ゆで卵のカラむきをマスターしたとは驚きです(^^)

カラがむきやすかったのもあり、楽しそうにやっていたそうな♪

「もう半分の卵は、ボクのお弁当に入っちょるんよね(^^)」

続けて、嬉しそうにお母さんの顔をして、姉が言いました。

喜んで玉ねぎの皮もむくし、台所の事は喜んで手伝います。

いろいろできる事が嬉しいのでしょう。

「危なくないオモチャの包丁とか持たせてもいいかもね~♪」

なんて、姉と話していました。

男の子だけれど、今や“男子ご飯”というテレビや本もあるくらい。

男性が料理ができるのは、当たり前の世の中になっています。

早くから慣れさせておいて、きっと損はないはず☆

いろいろやらせているからか、同い年の子よりも手先は器用らしい。

褒めてあげるので、更に嬉しがって“もっともっと!”と、催促してきます。

子供の興味の枠は、目を見張るものがあり、底が見えません(^^)

私が台所に立って、料理を一緒にやり始めたのは保育園の頃。

4歳~5歳ぐらいでしょうか。

椅子の上に立って、母が私の横に立ち、

ピーマンを炒めて味付けしたのを覚えています。

ピーマンが少し苦手だったのですが、

自分で炒めたからか凄く美味しくて、それをキッカケにピーマンが好きになりました。

苦手な野菜も、自分で料理すれば克服できるはず!

私が手伝いをやり始めたよりも、2~3年は早い甥っ子。

ある意味羨ましいですね☆

男の子でもドンドン挑戦させてあげて。

その内、

毎日私のお弁当を作ってきてくれるようになったりして・・・!

お願いしま~す(^^)♪
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード