コンテントヘッダー

モヤモヤ・・・

個人競技はさて置き、団体でスポーツをするという事は難しい・・・

私が毎週行っている卓球練習もそう。

いろんな人の話を聞いてもそう。

一人ではできないスポーツ。

皆が集まるから楽しいし、皆でやるからそのスポーツが成り立つ。

その反面、やはりいろいろと問題は出てきます。

どうやったら皆が上手にできるか・・・

どうやったら皆が納得できる練習ができるか・・・

何もかもが上手くいくはずがない、と頭のどこかで分かっていても、

アレやコレやと考えて、頭を抱えるばかりです。

割り切ってしまうのも一つの解決策。

でも、自分の中の頭・心のモヤモヤは消えず・・・

ここ最近、

5歳と6歳くらいの娘二人を連れたご夫婦が練習に来るようになりました。

練習時間は夜の8時から10時。

そんな時間まで、まだ幼い女の子を毎週連れ出していいものか・・・

その若いご夫婦二人は、浅めの卓球経験者。

体を動かすのが大好きなのでしょう。

遊び盛りの女の子二人もそう。

子供に習わせるのではなく、自分たちが打ちたいんだとか。

まだまだ目が離せないお年頃の女の子二人。

じゃあ、子供の面倒は・・・?

申し訳ないけれど・・・ここは児童保育所でもスポーツ少年団でもない。

親子二人が交代で一緒に打ったり。

ご夫婦だけで打ったり、部長Nさんが一緒に打ったり。

その間、子供からは目が離れます。

ケガをしないよう、ご夫婦と子供の為に、

私たちが打つ台と台、少し距離を空けて余裕を持たせています。

団体のスポーツ保険にも入っていないので、

子供が走って来て、ケガでもしたら責任も取れないですし、

正直、大人側も落ち着いて練習ができるものではありません。

現時点でNさんが部長なので、Nさんのやり方に従います。

“誰でも気軽に練習に来ていいですよ”というのが、基本うちのルール。

それでも、やはりマナーは守って貰わないと・・・もしもの事があっては・・・

何年も前ですが、

神戸で卓球台に挟まれて6歳の男の子が亡くなるという事故が起きました。

たかが卓球と言えども、実際そんな事故も起きています。

その時は、本当に大きな衝撃を受けました!

練習にくる女の子も事件が起きた子供と近い歳。

走り回るヤンチャな男の子よりはまだケガの確率は低いでしょうか。

自分の子供が可愛いのは当然です。

懐いてくれる女の子二人は、私もとても可愛いと思います(^^)

でも、ダメなものはダメ。

時には、心を鬼にして注意したり叱ってあげないといけない時もあります。

言いにくい所を、気持ちを強くしてたまに注意をしたりも・・・

可愛い甥っ子と姪っ子ができたからこそ、余計に責任を感じます。

子供に少し甘い・・・楽しく卓球をしたいご夫婦。

上手になりたい人、健康の為にしてる人。

思いはさまざま。

だから、

上は自分達のチームを組んでいる上手な人から、子供ピンポンまで。

卓球クラブとしては、

ここまで年齢差・実力差があるのは異例だと思います。

それらを一人一人尊重しようとするだけでも大変なこと。

あまり考え過ぎないようにしているつもり・・・

それでも、頭を抱えるこれらの問題は簡単に解決できそうにありません(__;)

どうかどうか、

事故だけは起きませんように・・・と、心から、切に願うばかりです。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

大人と子供が混ざって練習する時はかなり気を使いますね。自分はスポ少の練習を手伝いに行ったりする事があるんですが。身長差や体力差。
ラケットを振る時、バックスイングすると子供の目や頭の高さになり危険ですし、子供もどんな動きをするか分かりません。大人でもダブルスでラケットが誤って頭にあたって流血なんて事もありましたし。
卓球台も色々な種類があって、分離式ではない台の場合は特に気をつけなければなりません。
今の時期は熱中症に注意ですね。夜でも体育館や練習場は暑いですからね。気をつけて楽しい卓球ライフを!

感謝します(^^)

たつ兄さま(^^)
コメントありがとうございます☆そしてお世話になっています!
子供が可愛いからこそ、どうにかより良い環境を作って行きたいものです。
できれば白黒ハッキリさせたい自分の性格には、なかなか難しい問題です・・・グレーゾーン進行中?
残暑が厳しいですが、たつ兄さんもどうぞ体に気を付けて下さいね♪
プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード