コンテントヘッダー

器用なだけに②

姉「あんた・・・もうちょっとゆっくり食べたらいいのに(^^)」

私「ホントじゃね。ククク♪♪」

何をするにしても、反応が面白いものです。

この間は、姉と甥っ子に笑わされました。

甥っ子をヒザの上に座らせると、私のボールペンを手に取りいつものごとく、

「クルクルするん?」

と私が言うと、

「くるくる・・・」

と言いながら、回したり引っ張ったりして、ボールペンを分解していきます。

「遊んでもいいけど、壊さんでよ~」

そう言って、姉と会話をしていると、

「あっ!」

甥っ子が声をあげました。

「えっ?何?何?」

見ると、手にはバラバラになった、

どうやったらこうなるん?!という状態のボールペン。

「ギャッ!!何コレ?!(>_<)」

バラバラのボールペンを甥っ子は私に、

「ん!」

と渡す。

「え~~?!直せっての?どうしてくれるん?」

その様子を見た姉は笑いながら一言。

「うちの息子がすいませ~ん(^^)」

「あっはっはっはっ♪ホントじゃね。じゃあコレ直してね。」

姉にバラバラになったボールペンを渡して、

その間に私は、ヒザの上の甥っ子でつついたりつまんだり手遊びをしたりして遊ぶ。

しばらくして・・・

「ごめん!無理!直らんね。」

「そうなん?ん~、別にいいけどね。」

そしてまた姉は言いました。

「うちの息子がすいませ~ん(^^)」

ひらめいたように、姉はもう一言。

「おたくの甥っ子がすいませ~ん(^^)」

「ぎゃっはっはっはっ♪ホントその通りじゃねぇ♪(^▽^)」

それはもう、お腹を抱えて笑いました☆

甥っ子は、

どうしたの??

と言わんがばかり、キョトンとした様子で、姉と私の顔を交互に見る。

おたく、おたく。

おたくの事ですよ??(^^;)

手先が器用なのは、大いに結構だけれど、悪さはほどほどにね。

そのボールペン残りのインクもほとんどなかったし、結局中身だけを抜いて、

クルクル回して遊べるように、“甥っ子用ボールペン”にしました。

「ごめんねぇ~(^^)」

反省してなさそうに軽~く言う姉。

「いいよ。貰い物だしね。」

でもま、買ったばかりのボールペンじゃなくて良かった♪♪
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード