コンテントヘッダー

小さくコツコツ②

親知らずの痛みが分かってあげられないけれど・・・(^^;)

いつも行く歯医者さん。

すぐすぐ(その日)は予約が取れないのが当たり前。

でも、痛いし急を急ぐ時は、別なのでしょう。

予約の順番はあっても、そういう場合は融通をきかせてくれるようです。

「歯医者予約取れたから、今日行って来るね。」

姉はそう言って、子供を母(ばぁば)に預けて早足で出発。

そうそう親知らずを抜くケースはないようですが・・・

痛みや腫れ、

虫歯や他の歯に悪影響を及ぼしている場合などは抜くことを勧められるとか。

逆に、

親知らずが真っ直ぐ生えて歯磨きもきちんとできていて、

完全に埋もれて問題を起こしていなければ抜かなくても良いらしい。

たぶん、ほとんどの人がそちらに当てはまるのでしょうが。

姉は運が悪かったのでしょう。

残念じゃったね(^^;)

虫歯や大きな長~い治療がないだけ、まだマシと思うしかないかもね♪

駆け込みで歯医者さんへ行った為、この日は親知らずを抜かず。

痛み止めの薬を貰って、

結局、次回“抜きましょう”となったらしいです。

やっぱりそうなってしまった・・・m(__)m

頑張れ!お姉ちゃん!

こういった不可抗力はどうすることもできませんが、

やはり毎日の歯磨きと、定期的な歯医者さんへ足を運ぶのは必要なこと。

また、教訓になりました(^^)

ちょっとここで余談。

こうして話すと親知らずは厄介者でしかないように聞こえます。

でも、親知らずは時として役に立ってくれる時があるんだそうです。

例えば・・・親知らずの手前の歯が抜けてしまった場合、

親知らずが土台として活躍してくれたり。

全然違う、他の箇所歯が抜けてしまった!!

そんな時、親知らずを移植する“自家移植”ができる場合もある♪

そうそうあるケースではなくとも、

頭の片隅に入れておくといつか役に立ちそうな豆知識でした(^▽^)
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanappemame

Author:nanappemame
モール前不動産
スタッフブログへようこそ☆

出身:山口県
性別:女
血液型:AB型
趣味:卓球・料理
   お菓子作り
   スポーツ全般
   音楽・DVD鑑賞

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード